良いドッグフードの簡単な見分け方

良いドッグフードはココをチェック!簡単な見分け方

愛犬のドッグフードを選ぼうと、お店に行くと、
多種多様なドッグフードが販売されてますよね。

 

たくさんの種類のフードの中から良いドッグフードを
選ぶって結構大変です。

 

フードのどこをチェックすればいいと思いますか?

 

今回は、ドッグフード選びのポイントを紹介します。

 

 

激安フードは超危険!

良いドッグフードを探すより、粗悪なドッグフードを
見分ける方が実は簡単なんです。

 

そのダメなドッグフードを見分ける一番簡単な方法とは・・・

 

値段を見ることです!

 

 

値段が高いから良いフードってことではありませんが、
激安な物はかなり品質の悪い製品と言えます。

 

そもそも、安いフード=安い材料で作られているということですよね。

 

良質な肉を材料にして、5kgで1000円程度の
ドッグフードが作れると思いますか?

 

まず、無理ですよね・・・

 

私たちがスーパーで買うお肉でもこんなのありません。

 

 

ということは・・・
人が食べることができない材料を使って作ってるってこと。

 

メチャ怖いですよね( ;∀;)

 

激安フードは体に超危険なのは、素材が何を使ってるか
まったくわからないことなんです!

 

何が使われているかわからないフードをまだ与えますか?

 

 

原材料もチェックする!

次にドッグフードの原材料をチェックしてください。

 

原材料をよく見ると、知らない名前のものがありませんか?

 

聞きなれないものがあれば、4Dミートの可能性もあります。

 

 

例えば・・・

 

「肉類・ミートミール」

これは、肉ではなくて「肉類」なんです。良質な肉ではないです。

 

どんな肉かはっきりと書けないので、ぼかして書いてあるんです。

 

そんな、何の肉かわからないものあげたくないですよね?

 

きちんとしたドッグフードには「鶏肉」など、
素材名がハッキリ明記されています。

 

また「〜ミール」と付くものは基本的に人間が食べられないもの。

 

ドッグフードを選ぶ際に特に重要なポイントです。

 

 

原材料の表記を見ましょう!

原材料の表記は、そのフードに使われてる材料の
含有量の多いものから順番に書くルールがあります。

 

一番初めに肉が書かれたものを選ぶことが重要です。

 

 

表記も見て、「牛肉」「鶏肉(ムネ、モモ)」などと
何の肉かハッキリ記載されているもにしましょう!

 

 

粗悪品で危険なフードは、「穀類」「トウモロコシ」などがたんまり入ってます。

 

穀物やトウモロコシと言っても人間が食べない部分を利用していることが多いです。

 

また、ワンちゃんは、穀類は必要がないんです。

 

穀類の過剰な摂取が体の負担になり、アレルギーを誘発することも。

 

できれば、穀物不使用のフードを与えるほうがいいでしょう。

 

 

まとめ

一般的に、イヌは肉食です。

 

良質な肉をたくさん含むフードを選ぶようにしてあげてください。
安全安心なフードは人間が食べても無害です。

 

 

毎日の食事だからこそ、安全なフードを与えてあげましょう。
大切なワンちゃんの健康維持にもなりますよ!

 

 

安心安全ドッグフードならこちら!