ドッグフードでアレルギーになる原因

ドッグフードでアレルギーになる原因

 

 

ワンちゃんのアレルギーや皮膚病って、ちょっと前までは
そんなに多くなかったんじゃないかな?って思います。

 

最近非常に多いと思いませんか?
この理由を調べてみると意外な事実が分かってきました。

 

ワンちゃんの食事の変化

犬のアレルギーは、ちょっと前では遺伝の物であったり、
皮膚が弱い犬種だけがなっていたようです。

 

最近では、犬種に関係なく皮膚病やアレルギーになる犬が
増えています。トイ・プードルなんかは非常に多いみたいですね。

 

これ、何が違うかと言うと、一番の違いは食事だといわれています。

 

昔は、人が食べてる物と同じもの(残飯など)をあげていました。

 

それが、ドッグフードに変わっていき、今ではワンちゃんのえさは
ドッグフードが当たり前になっています。

 

そのころから、アレルギーや皮膚病が増えてきたというのです。

 

これはなぜか?

 

実は、ドッグフードに問題点があるんです。

 

 

ドッグフードの問題点

  • ドッグフードは加工食品であること。
  • 安価なドッグフードは粗悪な原材料を使用している。
  • ドッグフードの原材料のほとんどに穀物を使用している。
  • 人間には使用が禁止されてる添加物が入っている。
  • 色を着色した危険なドッグフードがある。
  • 薬漬けの肉が使用されている。

 

などなど、まだまだあります。

 

ワンちゃんは穀物の分解が苦手です。

 

それなのに、穀物がたくさん入ってる理由はなぜだと思いますか?
コストが安いからです。ただそれだけの理由。

 

穀類は、ワンちゃんの体に負担がかかり、アレルギーを起こす可能性があります。

 

こんな危険なドッグフードをあげていていいんでしょうか?

 

粗悪で安いフードの臭いを嗅いでみてください。

 

何とも言えない臭いじゃないですか?

 

それを愛犬が食べてるわけです。人が食べないものをあげるわけです。

 

そんな物を毎日食べていれば、体に影響がないわけありませんよね。

 

 

安全で高品質なドッグフード

粗悪な成分で作られたドッグフードを与え続けると、アレルギーや
皮膚病などの悪影響が出る可能性が高まります。

 

私自身もアレルギーを持っているので、その辛さがわかるんです((+_+))
愛犬にはその辛さを味わせたくないな〜と思って
体に良い安全フードを上げてます。

 

もう何年もたちますが、ウチのワンちゃんはアレルギーは出てません。
そう考えると、フードって大事なんだなと思います。

 

オススメする安全フードはこちら