ドッグフードの種類とは?

ドッグフードの種類

ドッグフードには、いろんなタイプがあるのはご存じですか?

 

ドライタイプやセミモイストタイプ、
ソフトドライタイプやウエットフードと様々な種類があります。

 

当然、値段の違いもありますが、愛犬の健康が一番!
実は、このフードタイプでも善し悪しがあります。

 

今回は、ドッグフードの種類を紹介してみます。

 

ドライタイプ

doray

 

水分量10%以下と水分が少ないドッグフード

 

残り90%が栄養素になります。長期保存も可能です。

 

*このタイプにはいろんな種類がありますが、
基本的に値段の違いは原材料の違いになります。

 

 

セミモイストタイプ

 

水分量30%、栄養素は70%。

 

ドライフードに比べて1日にあげるフードの量は少し多めになります

 

水分量が多いので腐りやすくカビが生えやすくなるため防腐剤を使用

 

個人的には使っていません。

 

 

ウエットフード

 

水分量80%以下 栄養素は20%

 

ウエットタイプだけでは食事としては不十分です。

 

また、フードが柔らかいので歯に付着してしまい、

 

虫歯や口臭の原因にもなりやすいのが欠点です。

 

 

ソフトドライタイプ

ドライフードの半生タイプになります。

 

 

まとめ

フードの種類によって値段も原材料も大きく変わります。

 

個人的にはドライフードをオススメします。

 

また、愛犬の年齢や体系に応じて、ドッグフードを選ぶ事も大切。

 

でも、一番重要なのは、原材料です。

 

まずは、原材料をチェックし、
安全・安心なドッグフードを選ぶようにしてあげて下さいね。

 

 

安心・安全なドッグフード

カナガンドッグフード



新鮮な鶏肉をたっぷり使用したドッグフード!


穀物フリーで小粒タイプなので小型犬に最適なドッグフード


皮膚にいいオメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸をバランスよく配合。


皮膚が弱い、お腹が弱い、食が細い などのワンちゃんにオススメです


すべてが人間の食材と同じ物を使った
ヒューマングレードのドッグフード」なので安心です。





アランズ ナチュラルドッグフード



安心安全な100%ナチュラル素材のドッグフード!


良質ラム肉を使用したドッグフード。


チキンアレルギーのワンちゃんも安心です。


皮膚にいいオメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸
をバランスよく含まれた亜麻仁油を使用。


動物性タンパク質のみ使用し、添加物を一切使用していません。





モグワン



手作りフードを目指した話題のドッグフード!


手作りレシピもとに、ヒューマングレードのみの最高素材で作った話題のドッグフードが「モグワンドッグフード」です。


健康と満足を追求したドッグフード。


厳選した素材はもちろん、フルーツ素材もたっぷり配合しており、最高のバランスで提供されています。


メインフードとしても、ご褒美のフードとしてもどちらでも使えます。


食いつきが良いおすすめのフードです。