犬にキシリトールはダメ

ワンちゃんにキシリトールは絶対NG!

犬にキシリトールはダメ

 

ある愛犬家に起こった話です。

 

一時期ネットでも話題になっていました。

 

ブログ投稿者の友人が飼っていたチワワ。
その友人宅にキシリトール入りのタブレットを子どもが持ってきたので、
チワワをハウスに入れ「キシリトールはあげてはいけない」と注意をしました。

 

ところが友人が席を立った間に、子どもがハウスにタブレットを入れてしまい・・・

 

それを食べたチワワは、嘔吐し、病院に連れていったのですが、命を落としてしまったようなんです。

 

これを読んだとき、驚いたと同時に飼い主さんの辛さを感じました。

 

 

キシリトールの何がダメなのか?

ワンちゃんにとって、キシリトールはなぜダメなんでしょう?

 

人にとっては、キシリトールは健康成分ですが、犬にとっては
インスリンを過剰分泌させ低血糖や肝障害を引き起こしてしまうのです。

 

犬の場合、キシリトールはインスリンを過剰に放出させてしまうので、血糖が急激に低下し、
意識の低下、脱力、昏睡、けいれん、肝障害をおこす可能性があります。

 

犬にとって、キシリトールは非常に危ない食品と言えます。

 

 

また、中毒をおこす場合は、殆どが30分以内に症状が出ます。

 

脱力、昏睡、けいれんなどがおこったら、即、病院へ連れて行ってください!

 

 

キシリトールは、人間にとっては有効な成分ですが、
ワンちゃんにとっては”百害あって一利なし”です。

 

飼い主の方は、気を付けるようにしてくださいね!