人から犬にうつる病気

人から愛犬にうつってしまう危険性のある病気

愛犬を飼ううえで気を付けないといけないことがあります。

 

実は、人から犬へと感染する病気があります。

 

愛犬に病気をうつしてしまうと思うと心配ですよね。
では、どのような病気に気を付ければいいのでしょうか?

 

 

人から動物にうつる危険性のある病気

 

皮膚真菌症
真菌によって引き起こされる皮膚病です。白癬ともいわれます。
直接的な接触で感染します。

 

おたふくかぜ
意外ですがおたふくかぜも感染する可能性があります。ムンプスとも言われます。
人から犬への感染力は弱いようですが、予防が必要です。

 

サルモネラ菌
動物から人への感染が多いですが、人から動物に感染する可能性もあります。
吐き気や嘔吐、下痢、発熱、頭痛、腹痛などの症状が現れます。

 

結核
結核菌によって感染する病気です。

 

また逆に、人から感染する心配がない病気もあります。
インフルエンザ、はしか、水疱瘡、リンゴ病、手足口病などは
犬への感染の恐れがないといわれています。

 

 

予防方法

ペットへの感染を防ぐためには、下記に気を付けるようにしましょう。

 

  • 手洗いを行う
  • 食器などを清潔に保つ
  • 定期的な検診を受ける

 

以上に気を付けて、愛犬を感染症から守ってあげましょう。

 

 

 

page top