ワンちゃんの病気のサイン

ワンちゃんの病気のサイン

 

ワンちゃんの病気のサイン

 

いつもは、元気なワンちゃんの調子が悪そう・・・

 

ちょっと元気がないと、心配でしかたないですよね〜

 

そんなワンちゃんの病気のサインを早めに察知して
早めの対処をしてあげましょう!

 

 

ワンちゃんの病気のサイン

ワンちゃんの次のような仕草を見つけたら要注意!

 

  • 散歩に行きたがらない
  • 食欲がない
  • 立ち上がらない

 

などの症状があれば、体調に変化のある可能性大です。

 

 

ワンちゃんの調子が明らかにおかしい症状でない場合は
病院へ行く前に、冷静に様子を見てあげてくださいね。

 

ただし、血を吐いたり、明らかにケガをしている場合は
すぐに病院へ連れて行きましょう。

 

実際、少し時間がたつと、ケロッとしている場合もあります。

 

 

また、病院に行くと便の様子を聞かれるので、
便の色や形状はチェックしておきましょう。

 

普段と違う便をしていたら、獣医さんに提出する事も必要です。

 

 

ワンちゃんの嘔吐

ワンちゃんは嘔吐することが多い動物です。

 

ごはんを食べてたり、ちょっとしたことで嘔吐している
様子を見ることが多くないですか>

 

嘔吐を目にすると「大丈夫かな?」と不安になりますよね。

 

でも、病気ではなく単なる生理現象であるケースが多いんです。

 

まずは嘔吐物を確認しましょう。
白く泡だったものや黄色の液体のものは、
空腹や消化不良で吐き出したものなので特に心配はありません。

 

嘔吐のあとにワンちゃんが元気にしているなら問題はないです。

 

何度も嘔吐を繰り返す場合や
血が混じっている場合は病院へ連れて行きましょう。

 

おもしろいことに、ワンちゃんは仮病を使うことも知られています。

 

以前に病気やケガをしたとき飼い主さんが優しくしてくれたということを
覚えていて、甘えたくて仮病を使うようです。人間の子どもと同じですね。

 

 

 

 

page top