脂漏症にいいドックフード

犬の脂漏症(しろうしょう)の症状

愛犬の皮膚に発疹や脱毛が見られるなら、
脂漏症(しろうしょう)の疑いがあります。

 

脂漏症(しろうしょう)には、

 

  • 皮脂が多くなることで皮膚や被毛がベタベタと油っぽくなる脂性型
  • 異常に乾燥してフケが多くなる乾燥型

 

の2種類があります。

 

また、体臭も強くなる傾向があるようです。

 

皮膚の発疹や脱毛は、細菌やカビの感染で発症します。

 

 

犬の脂漏症の原因

犬の脂漏症は、免疫の低下、アレルギーによるホルモン分泌量の異常、
細菌や寄生虫へ防御反応異常などがありますが、実は、
フードに含まれる脂肪分の取り過ぎが原因でもあります。

 

毎日食べるフードの脂肪分は、多すぎてもだめですし、
逆に少なすぎても皮膚病の原因になりますのでご注意を。

 

脂漏症以外でも、皮膚トラブルには、食事の栄養バランスを見直したり、
カビ、細菌、寄生虫が寄り付かない生活環境を考えてあげましょう。

 

また、加齢とともに免疫力が低下し、症状が出てくる場合もあります。

 

 

犬の脂漏症の対策

犬の脂漏症が出た場合は、早めに病院へ連れて行きましょう。

 

治療としては、抗生物質の軟膏や飲み薬が処方されます。

 

また、フードの見直しも大事です。

 

穀類や、油分、何の肉かわからない成分で
作られているフードを使っているなら、すぐに切り替えを。

 

適度な運動と、規則正しい生活も大事です。

 

散歩にも連れて行ってあげましょう。

 

また、皮膚病の場合、汚れを落とさないと!と思い
シャンプーを過度にする場合がありますが、これはNGです。

 

シャンプーを過度におこなうと皮膚に必要な皮脂までが取り除かれてしまい、
ますます症状を悪化させてしまう場合があります。

 

ワンちゃんの生活環境も衛生的にしてあげることが大事ですよ。

 

 

ワンチャンの皮膚にもよいドッグフード

 

 

 

page top