犬の腫瘍

犬の腫瘍の種類

犬の腫瘍

 

ワンちゃんの背中やお腹にできる出来物。

 

これ、実は腫瘍と呼ばれるものになるんです。

 

腫瘍と聞くと、良いイメージがないですが、犬の腫瘍は、
「良性」と「悪性」の2つの種類に分けられます。

 

 

「良性」の場合は、他臓器などへの転移がないので、命の危険はほぼありません。

 

しかし、「悪性」の場合は、進行が早く、他臓器にも転移します。
手遅れの場合は、命の危険の可能性が高くなるんです。

 

 

たかが、出来物と思っていたものが実は・・・なんてことも。

 

そうならないためにも、獣医師への早めの受診をオススメします。

 

 

良性の腫瘍

良性腫瘍は、俗に言う、「できもの」や「シコリ」といった物。

 

このシコリや出来物は、急激に大きくなりません。

 

出来物が大きくなり過ぎた場合などは、摘出手術をする場合もありますが、
ほとんどは、ほっておいても治る場合が多いです。

 

種類的には、

 

  • 脂肪腫
  • 腺腫
  • 上皮腫

 

などがあります。

 

 

悪性の腫瘍

悪性の腫瘍の場合は、できものやシコリが急激に大きくなるのが特徴です。

 

場合によっては変化がない場合もありますが、極端に悪化しているようで
あれば、早急に治療する方が良いでしょう。

 

  • 乳腺腫瘍
  • 肥満細胞腫
  • 扁平上皮ガン
  • 腺ガン
  • 肛門周囲腺腫
  • 悪性黒色腫(メラノーマ)
  • 悪性リンパ腫

 

などの種類があります。

 

 

まとめ

良性か悪性かの見極めは、病理検査で詳しく調べる必要があります。

 

見た目だけではわかりにくいということですね。

 

悪性の場合、そのできものだけでなく、体調不良も伴うことが多いです。

 

熱っぽい、元気がない、いつも倒れているなどなど、いつもの愛犬と
違うと感じたら、まずは獣医師に診てもらうようにしましょう。

 

 

 

犬の腫瘍関連ページ

犬 ニキビ
ワンちゃんにもニキビが出るって知ってました?ほっておくととんでもないことになるかも・・・
犬のできもの
ワンちゃんの体にできるできものについて紹介します
犬のフケ
ワンちゃんのフケの原因や対策を紹介します
犬のふけにいい ドックフード
ワンちゃんのフケに良いドッグフードがあるのって知ってますか?
犬の背中にできもの
犬の背中にできものができて悩んでいませんか?できもの治療とオススメノドッグフードを紹介します