犬のできもの

犬にできものができたときどうする?

ワンちゃんの体に、できものがある。。。

 

人間でいえばニキビのようなものです。

 

でも、愛犬のいろんなとこにみつかるとちょっと心配になりませんか?

 

今回は犬のできものの症状や治療法を紹介してみます。

 

 

ワンちゃんのできものの現実

ワンちゃんの体は、比較的できものが出来やすいと言われています。

 

なんと、人間の34倍!!

 

確かにできやすいと言えますよね。

 

また、年齢を重ねるとよりできやすくなるみたい。

 

できものも、ニキビのようなものから、小さなぶつぶつ、かさぶたなど様々。

 

ひどくなると、手術などをしないといけない場合もあります。

 

できものの状態をよく見て、早目の受診をおすすめします。

 

 

できものの大きさ

できものの直径が1センチ未満で、色が白やピンクや赤色の場合は
パピローマウイルスに感染している可能性があります。

 

一時的なものである場合が多いので、それほど心配する必要はありません。

 

自然に取れてしまう場合が多いです。

 

 

ただ、段々大きくなってくるできものは要注意

 

段々大きくなるのは、悪性のものである可能性があります。

 

急激に大きくなったり、硬くなってくる場合は早めに診断してもらいましょう。

 

 

できものの症状

 

痒みや痛み

 

痒みや痛みを伴っているできものは、早目の受診をおすすめします。

 

痒みでワンちゃんが引っ掻いてしまい、その傷口から菌が感染し
他の病気などになってしまうこともあります。

 

また、痛みを伴う場合は、皮膚下で膿やできもの自体が
大きくなっている可能性があります。

 

 

ニキビ

 

人間のニキビの様な物が、沢山出来て広がる場合もあります。

 

痒みが伴うと膿皮症という皮膚病の可能性も・・・

 

病気が進行していくと、皮膚が黒ずんだり、脱毛、かさぶたなどが現れ、

 

発熱、食欲の低下などにもつながるので早めに診察してもらってください。

 

 

炎症

できものに炎症が伴うと、膿が溜まっている事が考えられます。

 

痛みや腫れを伴う場合が多いです。

 

また、皮膚に何かが刺さったり、注射をした箇所が炎症を起こし

 

できものになる場合もあるようです。

 

 

できものの治療

 

放っておいても自然治癒する程度の軽いできものであれば、

 

自宅でも治療は可能です。

 

ビタミンEやヒマシ油などを使うと早く治るといわれています。

 

1日2・3回できものに塗り、様子を見てあげてください。

 

また、適度な運動、日光浴などもいいですよ。

 

 

少しひどいな、長引いてるなと感じた場合は早めに

 

病院に連れて行ってあげましょう。

 

皮膚病は治療に時間のかかる病気です。

 

悪化する前に、処置してあげることが最善策ですよ。

 

 

 

 

犬のできもの関連ページ

犬 ニキビ
ワンちゃんにもニキビが出るって知ってました?ほっておくととんでもないことになるかも・・・
犬のフケ
ワンちゃんのフケの原因や対策を紹介します
犬のふけにいい ドックフード
ワンちゃんのフケに良いドッグフードがあるのって知ってますか?
犬の腫瘍
犬に腫瘍ができるとすごく気になりませんか?ここでは犬の腫瘍についてしょうかいします
犬の背中にできもの
犬の背中にできものができて悩んでいませんか?できもの治療とオススメノドッグフードを紹介します