犬の皮膚にできるがん

犬の皮膚にできるがん(腫瘍)の症状

犬の病気として気をつけたい病気が「がん(腫瘍)」です

 

皮膚の腫瘍は、意外に多い病気です。

 

今回は皮膚にできるがん(腫瘍)について調べてみます。

 

 

皮膚の腫瘍のチェックの仕方

皮膚にできる腫瘍(がん)は良性と悪性の2種類あります。

 

皮膚の腫瘍(がん)のチェック方法としては

 

  • 手で触るとしこりがある(コリコリしている)
  • 皮膚がただれている
  • こぶのような出来物ができている

 

など、比較的わかりやすい症状があります。

 

ただ、これは皮膚病の場合にもある症状ですし、
腫瘍の場合でも良性か悪性かの判断はできません。

 

もしちょっと気になるようであれば、しっかりと
皮膚の状態をチェックしてあげましょう。

 

もし、おかしいと感じれば、早めの病院をオススメします。
早期治療は、早い回復につながりますよ。

 

 

皮膚の腫瘍(がん)の種類

 

皮膚の腫瘍にも、良性と悪性があります。

 

良性の腫瘍

 

脂肪腫(しぼうしゅ)

 

脂肪腫は良性の腫瘍です。
大きくなるのも、比較的ゆっくりです。

 

脂肪細胞が腫瘍化したものなので、
全身のどこにでもできる可能性があります。

 

症状としては、触ってみると
皮膚の下に、楕円形のかたまりがあるように
感じられます。

 

 

上皮腫(じょうひしゅ)

 

上皮腫(じょうひしゅ)も良性の腫瘍です。

 

体をおおう上皮にできる腫瘍です。

 

 

悪性の腫瘍

 

腺癌(せんがん)

 

皮脂腺の細胞が腫瘍化したもの。

 

  • しこりの表面が平ら
  • 表面が大きく崩れている

 

の症状の場合、腺癌の可能性があります。

 

腫瘍が早く大きくなる場合は、悪性の可能性が高いです。

 

  • 耳の中
  • 肛門の周り
  • 指の間

 

などによく発生します。
異常を感じたら早めに病院へ行きましょう。

 

 

肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ)

 

肥満細胞という細胞が腫瘍化したもの。
非常に転移しやすいので注意が必要です。
ただし、良性の場合もあります。

 

  • 赤くふくれたようなしこり
  • 皮膚組織の壊死
  • 筋肉の塊のような物ができる

 

などの症状があれば要注意です。

 

 

まとめ

犬の皮膚の腫瘍(がん)には、良性と悪性がありますが
見ただけでは判別できません。

 

しこりがあり、ただれていたり
少しおかしいなと感じた場合は、早めに受診しましょう。

 

また、皮膚病の治療をしていても
なかなか治らない場合も、皮膚がんの可能性もあります。

 

人間と同じく、がんは早期発見し早期治療が
一番良い治療法です。

 

 

 

page top