ドッグフードと皮膚病の意外な関係

ドッグフードと皮膚病には意外な関係がある?!

 

 

愛犬の全身の皮膚が真っ赤で
体を痒がってたりすると、ホント可哀想で仕方ないですよね。

 

ワンちゃんの皮膚病は、病気でなっている場合もありますが、
ドッグフードにも原因がある場合も多いみたいです。

 

 

皮膚病の原因

ワンちゃんの皮膚病の原因としては、
どんな原因があるんでしょう?

 

大まかな原因を紹介してみます。

 

細菌・真菌

膿皮症や皮膚糸状菌症など、
細菌が異常繁殖することで起こると言われています。

 

これらの治療には抗生剤や抗真菌剤を使用します。

 

シャンプーなどで皮膚を清潔に保つことも大事です。

 

アレルギーによるもの

食べ物や植物、ハウスダストなど、特定の物に
アレルギー反応を起こすことで発症します。

 

アレルギー検査などで特定することは可能です。

 

この場合、食べ物によるアレルギーも多いので、
検査をして愛犬が不得意な物が入っていないものをあげましょう!

 

 

その他

他にも、寄生虫によるものや、環境などのストレス
なども、皮膚病の原因になります。

 

 

皮膚病の対策は?

では、愛犬の皮膚病の対策としては、
どんなものがあるかといいますと・・・

 

フードを変える

愛犬に合った、安全で安心できるフードをあげましょう。

 

無添加など体に負担がかからないものがベスト。

 

また、フードを水でふやかすのもいいみたいです。

 

マッサージをする

ストレスは皮膚病にも悪いみたいです。

 

マッサージと言っても、毎日のスキンシップと思って
撫でてあげたり、さすってあげるだけでOKです。

 

清潔にしてあげる

こまめに洗うことも重要です。

 

1週間に1度は低刺激シャンプーで洗ってあげましょう!

 

おすすめのシャンプー♪

 

 

まとめ

私の愛犬は、酷い皮膚病でしたが、
フードを変えると劇的に変わりました。

 

それだけ、体に良くないものを食べさせていたんですね(泣)

 

ちょっと調子が悪そうだなと思ったら、
まずはフードを替えてみてはどうでしょうか??

 

おすすめの無添加フード!

 

 

 

page top