犬の接触性アレルギー

犬の接触性アレルギー

 

 

ワンちゃんには、接触性アレルギーという病気があります。

 

今回は、この症状や、原因、治療法などを紹介します。

 

 

犬の接触性アレルギーとは?

犬の接触性アレルギーとは、
特定のものに接触することでアレルギー反応が出る状態のこと。

 

 「アレルギー」とは、免疫反応が過剰に反応してしまうことで、
皮膚に痒みや炎症などを引き起こしてしまう症状です。

 

この、アレルギーを引き起こす原因物質を「アレルゲン」(抗原)と呼びます。

 

 

アレルゲンとの接触から30分〜1時間という短い時間で反応が出る場合や、
接触性アレルギーのように24時間以上かかってから反応が出ることもあります。

 

 

犬の接触性アレルギーの症状

接触性アレルギーは、アレルゲンと接触した部位に発症します。

 

接触部が赤くはれたり、ひっかいたりします。

 

毛が厚い部分においては、毛が保護してくれますので
症状が少ない場合が多いです。

 

逆に症状が出やすい場所が、

 

  • 顎の先
  • 胸元
  • 腿の付け根
  • しっぽのあた
  • 指の間

 

が多く症状が出ます。

 

接触性アレルギーが発症するまでに、2〜3日たってからのこともありますし、
数ヶ月〜数年かかって発症することも少なくありません。

 

 

犬の接触性アレルギーの原因と対策

犬の接触性アレルギーの原因としては、接触することで反応している
アレルゲンを除去することになります。

 

アレルゲンは、植物・腐葉土・敷物・じゅうたん・プラスチック・ゴム・皮革製品・金属・
コンクリート・石鹸・洗剤・ワックス・脱臭剤・除草剤・肥料・ノミ取り首輪

 

など、多岐にわたるのが現状です。

 

獣医などに診てもらって、特定する方が良いと思います。

 

また、アトピー性皮膚炎を持っているワンちゃんは、
接触性アレルギーも出やすい傾向があるようです。

 

 

接触性アレルギーの対策

接触性アレルギーの対策としては、

 

アレルゲンを取り除く

ワンちゃんがアレルギーを起こしていると思われるものを
取り除いてあげることが必要です。

 

獣医などで、アレルギー検査をすることをオススメします。

 

 

薬を使う

炎症の程度によっては、ステロイドや
抗ヒスタミン薬などが投与されます。

 

ただし、ステロイド系はワンちゃんによっては副作用がきつい場合も
ありますので、獣医師とよく相談してくださいね。

 

 

シャンプーに気を付ける

皮膚や被毛にまとわりついたアレルゲンを洗い流します。

 

毎日する必要はありません。

 

週2回程度と、毎日ブラッシングをしてあげましょう。

 

 

 

 

page top