犬のお腹の皮がぼろぼろになっていませんか?

愛犬の皮膚がボロボロになってきた・・・

 

 

ワンちゃんの皮膚病で良くある症状が、
お腹周りの皮膚がボロボロ(または赤くなる)な状態です。

 

正直、見るのも痛々しいですよね・・

 

実は先天性の皮膚病を患ってるワンちゃんもいるんですが、
大半は、生活における何らかの理由で症状が出てくる
事が多いみたいです。

 

では、その原因ってどんなことがあるんでしょうか?

 

 

皮膚がボロボロになる原因

皮膚のトラブルや、アレルギーで皮膚が荒れてしまっている
ワンちゃんの多くは、添加物や脂質の高いドッグフードと
洗いすぎが原因と言われています。

 

シャンプ-をすると、保湿をとってしまいます。

 

保湿が低下すると菌に侵されやすくなってしまうんです。

 

週に2度以上洗っているなら要注意。
ワンちゃんの皮膚が弱くなっているかもしれません。

 

まずは、ワンちゃんの皮膚の保湿を確保してあげましょう。

 

また、脂質の高いドッグフードも良くありません。

 

脂質が高いということは、揚げ物ばかり食べているのと同じ。
揚げ物を食べ過ぎると吹き出物が出ますよね?

 

ワンちゃんも同じ。

 

ドッグフードは、無添加で脂質が低く穀物などワンちゃんに
負担がかかりにくいフードがお勧めです。

 

無添加でオススメのカナガンドッグフード

 

 

ケア方法と予防方法

まず、ワンちゃんのお風呂ですが、毎日洗って上げてもいいみたいです。

 

ただし、その場合はシャンプーは使いません。

 

水洗いだけなら保湿ををとることはないようです。

 

シャンプー洗いは月一回程度で大丈夫ですよ。

 

洗ってあげると良く拭いて乾かしてあげましょう。

 

ただし、皮膚病が酷いようなら、まずは獣医師に診てもらいましょう。

 

 

 

 

 

 

page top