犬の皮膚が赤い

犬の皮膚が赤い。もしかして皮膚病?

「犬がかゆがっていて可哀想」

 

そんな、愛犬の皮膚病に悩んでいませんか?

 

犬の皮膚病には様々なものがあります。

 

今回は、犬の皮膚の色から分かる皮膚病にを紹介します。

 

 

皮膚の色でわかる病気

ワンちゃんの皮膚病の場合、皮膚の色で
判断できる場合があります。

 

皮膚が赤い場合

・ノミアレルギー性皮膚炎
原因
ノミが血を吸う時に出す唾液が原因で起こります。

 

症状
皮膚の赤み、激しいかゆみ、脱毛

 

治療法
ノミの駆除になります。

 

・疥癬症
原因
ヒゼンダニというダニが犬に寄生するこで起こります。

 

症状
皮膚の赤み、激しいかゆみ、脱毛、フケなど

 

治療法
抗生物質を用いることが多いです。
人にも感染しますので早めの治療をオススメします。

 

・ツメダニ
原因
ツメダニというダニが犬の皮膚を刺すこで起こります。

 

症状
皮膚の赤み、激しいかゆみ、白いかさぶたなど

 

治療法
ダニを殺す殺虫剤を使います。

 

・膿皮症
原因
皮膚にある菌が繁殖することにより炎症です。

 

症状
皮膚の赤い発疹、激しいかゆみ、発熱、悪臭など

 

治療法
薬用シャンプーと抗生物質を使います。
早めの治療がお勧めです。

 

 

皮膚が黒い場合

・膿皮症
・アトピー性皮膚炎

 

上記の可能性があります。

 

余りに痒がったり、皮膚が赤くただれていたりする場合は
早めに動物病院へ行くことをオススメします。

 

 

 

 

page top