皮膚病

2017/08/15 12:22:15 | 皮膚病
首筋をかいたり、足をなめたり、おなか廻りの皮膚を掻きまくったり・・・メチャメチャ痒いんだろうけど、ほっておくと皮膚がボロボロに。。。このワンちゃんの皮膚のかゆみの原因って何なんでしょう?犬が皮膚をかゆがる原因まずは、ワンちゃんがかゆがる原因を調べてみます。真菌・寄生虫などの感染結構多いのが、菌や寄生虫が原因の皮膚炎です。シャンプーのし過ぎによる乾燥などでも感染してしまうことがあるので要注意!アレルギー犬のアレルギーは大きな問題です。非常に多いとも報告されています。アレルギーも、食物性のもの、金属など、アトピー、皮膚疾患などさまざまあります。かゆみがひどい場合はアトピーの可能性もあります。ストレ...
2017/05/28 09:52:28 | 皮膚病
ワンチャンのお風呂の回数ってどれくらいやってますか?毎日?週一?暑い夏は特に洗ってあげたい!と思ってしまいます。ワンちゃんと毎日お風呂に入ってもいいんでしょうか??シャンプーの頻度は月に何回?あるペットショップの行ったアンケートで、「愛犬のシャンプーを自宅でする」と答えた飼い主の割合は実に8割以上でした。今や、自宅で愛犬をシャンプーする事はごく当たり前になっているのです。でも、シャンプーの頻度はどのくらい?と考えたことはありませんか?毎日散歩に行くから、毎日洗うべき?トリミングショップのように月に1回程度?頻繁なシャンプーはNG愛犬のシャンプーの頻度は、月に1,2回程度を目安と考えておくとよい...
2017/05/14 19:24:14 | 皮膚病
皮膚病で困ってる飼い主の方も最近は多いようです。愛犬が体をかゆがっているのを見たらかわいそうですよね。そんな、皮膚病のわんちゃんに最適なシャンプーを調べてみました!犬の皮膚病とは?そもそも、犬の皮膚病とは何なんでしょう?犬の皮膚病は細分化すると何百種類もあるようです。その中でも多いのが、細菌によるものアレルギー寄生虫と分けられるようです。膿皮症犬の皮膚病の中で最も多い皮膚病が、膿皮症です。皮膚に存在する細菌が、免疫力が低下した時などに、異常繁殖し炎症を起こしてしまう病気です。強いかゆみや、赤い発疹ができます。皮膚糸状菌症真菌(カビ)が皮膚に侵入し増殖して発症します。ふけの大量発生、円形脱毛など...
2017/05/05 13:52:05 | 皮膚病
ワンちゃんを飼っていると気になるのが健康管理。そんな、犬で起こりやすい病気が「皮膚病」です。かゆみ、抜け毛など、見ているだけで可哀想になりますよね。今回は、そんな皮膚病のワンちゃんにオススメの食べ物を紹介します。皮膚病の原因とは?まず、ワンちゃんがなぜ皮膚病になると思います?その原因は様々ですが、良く言われるのが皮膚に合わないシャンプーを使っている不潔にしているノミやダニ食べものと言われています。不潔にしていることと、シャンプーは相反しますが、どちらもやり過ぎは禁物です。適度な回数で洗ってあげることが大事ですし、きつすぎるシャンプーを使用するのも逆効果になります。シャンプーなどは、何度か試しな...
2017/05/02 21:07:02 | 皮膚病
最近とても増えている犬の病気。それが、「皮膚病」なんです。皮膚病は、「皮膚の赤味」「かゆみ」「抜け毛」などが起こります。犬が皮膚病になる理由ってなんでしょう?犬が皮膚病になる原因ワンちゃんが皮膚病になる原因って色々あるんですが、代表的な原因は、不潔にしているドッグフードが合わないノミやダニなどシャンプーが合わないなどがあげられます。いずれも、食べ物やノミやダニなどによるアレルギー、ほこりや花粉などによるアトピー性皮膚炎に分けられます。まずは、原因を特定し、除去することが先決です。犬の皮膚病対策まずは、「何が原因で皮膚病になっているのか?」を調べることが先決です。獣医師にてアレルギー検査などもで...
2017/03/21 19:12:21 | 皮膚病
愛犬の涙やけで、悩んでいる飼い主の方も多いです。この、涙やけとは、流涙症とも言う病気です。一日中涙が出たり目ヤニが多くなる病気のことなんです。目の周りの毛が茶色くなってたりすると涙やけの可能性があります。そんな、愛犬の涙やけの改善方法を紹介します。涙やけはほっておくとどうなる?涙やけはそのまにしておくと、目の周りで雑菌やバクテリアが繁殖しやすくなります。それでも、ほっておくと酷くなり、重い細菌感染症を引き起こしてしまうこともあるんです!!目やにや涙やけといって、気軽に考えていてはいけないんですね。では、この涙やけの原因とはなにがあるんでしょう?涙やけの原因と対策1.目にゴミが入った涙やけで多い...
2017/02/21 19:39:21 | 皮膚病
犬の病気として気をつけたい病気が「がん(腫瘍)」です皮膚の腫瘍は、意外に多い病気です。今回は皮膚にできるがん(腫瘍)について調べてみます。皮膚の腫瘍のチェックの仕方皮膚にできる腫瘍(がん)は良性と悪性の2種類あります。皮膚の腫瘍(がん)のチェック方法としては手で触るとしこりがある(コリコリしている)皮膚がただれているこぶのような出来物ができているなど、比較的わかりやすい症状があります。ただ、これは皮膚病の場合にもある症状ですし、腫瘍の場合でも良性か悪性かの判断はできません。もしちょっと気になるようであれば、しっかりと皮膚の状態をチェックしてあげましょう。もし、おかしいと感じれば、早めの病院をオ...
2017/01/29 10:12:29 | 皮膚病
愛犬の全身の皮膚が真っ赤で体を痒がってたりすると、ホント可哀想で仕方ないですよね。ワンちゃんの皮膚病は、病気でなっている場合もありますが、ドッグフードにも原因がある場合も多いみたいです。皮膚病の原因ワンちゃんの皮膚病の原因としては、どんな原因があるんでしょう?大まかな原因を紹介してみます。細菌・真菌膿皮症や皮膚糸状菌症など、細菌が異常繁殖することで起こると言われています。これらの治療には抗生剤や抗真菌剤を使用します。シャンプーなどで皮膚を清潔に保つことも大事です。アレルギーによるもの食べ物や植物、ハウスダストなど、特定の物にアレルギー反応を起こすことで発症します。アレルギー検査などで特定するこ...
2017/01/22 16:49:22 | 皮膚病
ワンちゃんのマラセチアが流行しているようです。このマラセチアってどんな病気か知っていますか?意外にワンちゃんには多い病気なんです。今回はこの、マラセチアについて紹介してみます。マラセチアとはマラセチアは、ワンちゃんの皮膚にいるカビの一種です。正常な時は、マラセチア自体に問題は全くありません。逆に、いないとダメとも言えるかもしれません。ただ、ワンちゃんの免疫力が下がっていたり、アトピーなど皮膚アレルギーが出ると、マラセチアの菌が増殖してしまうことがあるんです。これが、マセラチア感染症と言う病気です。マセラチアが増殖すると、皮膚に痒みが生じ、ワンちゃんが掻いて傷になってまったりし、更にマセラチアが...
2016/12/23 06:44:23 | 皮膚病
犬の皮膚病で悩んでいる飼い主の方が非常に多くなってきているようです。ワンちゃんが皮膚病になる理由は、様々です。まずは、原因を調べ、対策をしていくことが近道になります。細菌・真菌による皮膚病の原因犬の皮膚病で一番多いといわれているのが膿皮症と呼ばれる皮膚病です。元々皮膚に存在する細菌が、ワンちゃんの免疫力が低下した時に異常繁殖することで起こる皮膚病です。免疫力アップ、シャンプーや抗生剤などで治療します。寄生虫による原因主に、ダニによる感染です。ダニが皮膚に侵入することで皮膚が炎症を起こし、痒みなどを発症します。ダニなどの寄生虫を死滅させる事が対策になります。アレルギーが原因食べ物やハウスダスト、...
2016/12/17 19:08:17 | 皮膚病
ゴールデンレトリバーを飼ってる知り合いの方から皮膚の良いフードはない?と相談がありました。ゴールデンレトリバーは人懐っこいんで、体を痒がったりしてるとホント可哀想ですよね。今回は、皮膚病でお悩みのゴールデンレトリバーにお勧めのフードを紹介します。ゴールデンレトリバー用のフード?実は、知り合いから相談された時に言われたのが「ゴールデンレトリバー用のフードって良いの?」ってことでした。そもそも、その犬種用のフードって実際違いあるんでしょうか?個人的には犬種用というのは販売するために分けているだけのような気がしています。ワンちゃんのフード選びで大切なのはグレインフリー無添加ヒューマングレードタンパク...
2016/08/29 19:31:29 | 皮膚病
マラセチアという、カビ菌がありますが、この菌が異常繁殖してしまうとマラセチア皮膚炎になります。この皮膚炎になると、体がベタベタと脂っぽくなり、赤みや痒みを示します。また、ひどくなると独特の臭いがするんです。マラセチア皮膚炎のニオイは独特の臭いがあります。やや酸っぱいような発酵臭ですね。もし、独特のニオイがする・・・と感じれば、マラセチア皮膚炎の可能性があります。マラセチアの症状は?マラセチア皮膚炎は、マラセチア菌が異常繁殖し、皮脂を大量に吸収することにより発症します。脇の下、指の間、耳、お腹、肛門の周りなどに発症しやすいです。マラセチアが繁殖すると、皮膚が赤く炎症を起こします。また、ベタベタと...
2016/08/10 19:54:10 | 皮膚病
A.P.D.C.ティーツリーシャンプーは、無農薬で育てられたティートリーという植物をメインにした高い消臭効果を持つ植物由来のシャンプー。植物由来成分なので、お肌にもやさしいシャンプーなんです。A.P.D.C. ティーツリーシャンプーの良い所A.P.D.C. ティーツリーシャンプーは、洗浄力洗い上がり泡切れ消臭効果と、シャンプーの良い要素を兼ね備えたシャンプーです。各種オイルも配合されていて、お肌にもやさしく安心して使えます。しかも、洗浄力もあり、洗い上がりはかなり、しっとりします。使いやすさは非常にいいと思います。また、消臭効果が高く、洗った後しばらくハーブの香りがして、とてもいい香りがします...
2016/07/24 19:41:24 | 皮膚病
ワンちゃんには、接触性アレルギーという病気があります。今回は、この症状や、原因、治療法などを紹介します。犬の接触性アレルギーとは?犬の接触性アレルギーとは、特定のものに接触することでアレルギー反応が出る状態のこと。 「アレルギー」とは、免疫反応が過剰に反応してしまうことで、皮膚に痒みや炎症などを引き起こしてしまう症状です。この、アレルギーを引き起こす原因物質を「アレルゲン」(抗原)と呼びます。アレルゲンとの接触から30分〜1時間という短い時間で反応が出る場合や、接触性アレルギーのように24時間以上かかってから反応が出ることもあります。犬の接触性アレルギーの症状接触性アレルギーは、アレルゲンと接...
2016/05/06 19:08:06 | 皮膚病
犬のアカラス症って聞いたことありますか?私は初めて聞いた病気だったんですが、ほっておくと大変な皮膚病です。アカラスはニキビダニとも呼ばれる、犬の毛穴に寄生しているダニの一種。ただ、アカラスはどの犬にも、また人間の皮膚にも寄生しています。ですから、危険な物、怖いものではありません。ただ、このアカラスが何かの原因で以上に増えてしまった場合、激しいかゆみや脱毛を伴う皮膚炎として進行してしまいます。ワンちゃんのアカラスの症状犬のアカラスの発症は一般的に生後3カ月〜6ケ月の幼犬に多いと言われます。幼犬の際にアカラス症になると、目や口の周り、手足の先端に症状が出ますが、比較的に軽い症状で、ほとんどが自然に...
2016/04/28 20:14:28 | 皮膚病
老犬で、皮膚病で皮膚がボロボロで・・・そんな悩みをお持ちの飼い主の方も多いいのでは?そんな、皮膚病の老犬はどうしてあげればいいんでしょう?皮膚病の治療法愛犬が皮膚病になってしまったら、食事やシャンプーなどで初期の状態は改善できます。でも、酷くなってきたら動物病院へ行きましょう。動物病院には、薬浴という治療法があります。何度か入れてもらってたら良くなるワンちゃんもいます。老犬の場合は、免疫力が低下したり、抵抗力がなくなってきているので、ビタミンのサプリメントなんかも効果があるようですよ。まとめ皮膚病は、酷くなる前に病院へ連れて行きましょう。ワンちゃんによって、治療法も異なります。長引くと治りにく...
2016/03/13 18:08:13 | 皮膚病
ワンちゃんの皮膚病で良くある症状が、お腹周りの皮膚がボロボロ(または赤くなる)な状態です。正直、見るのも痛々しいですよね・・実は先天性の皮膚病を患ってるワンちゃんもいるんですが、大半は、生活における何らかの理由で症状が出てくる事が多いみたいです。では、その原因ってどんなことがあるんでしょうか?皮膚がボロボロになる原因皮膚のトラブルや、アレルギーで皮膚が荒れてしまっているワンちゃんの多くは、添加物や脂質の高いドッグフードと洗いすぎが原因と言われています。シャンプ-をすると、保湿をとってしまいます。保湿が低下すると菌に侵されやすくなってしまうんです。週に2度以上洗っているなら要注意。ワンちゃんの皮...
2016/02/17 20:39:17 | 皮膚病
「犬がかゆがっていて可哀想」そんな、愛犬の皮膚病に悩んでいませんか?犬の皮膚病には様々なものがあります。今回は、犬の皮膚の色から分かる皮膚病にを紹介します。皮膚の色でわかる病気ワンちゃんの皮膚病の場合、皮膚の色で判断できる場合があります。皮膚が赤い場合・ノミアレルギー性皮膚炎原因ノミが血を吸う時に出す唾液が原因で起こります。症状皮膚の赤み、激しいかゆみ、脱毛治療法ノミの駆除になります。・疥癬症原因ヒゼンダニというダニが犬に寄生するこで起こります。症状皮膚の赤み、激しいかゆみ、脱毛、フケなど治療法抗生物質を用いることが多いです。人にも感染しますので早めの治療をオススメします。・ツメダニ原因ツメダ...
2016/02/01 20:30:01 | 皮膚病
愛犬が脂漏性湿疹と診断されたら、どんなごはんをあげたらいいんでしょう?脂漏性湿疹の場合、皮膚がとっても敏感です。こうなってしまうと、「これが絶対にオススメ!」と言えるフードは無いようでした。脂漏性湿疹の場合は、動物病院の先生に従って食事や治療を進める方が良いと思います。でも、湿疹が悪くなりにくいゴハンはあるようなんです。湿疹でお悩みのワンちゃんにオススメな食べ物は?脂漏性湿疹やアレルギーでお悩みのワンちゃんには、低アレルゲンで出来るだけ自然に近いドッグフードをあげてみましょう。また、動物病院から薬をもらっているならそれも併用して。ワンちゃんの脂漏性湿疹を改善するには、食べ物シャンプー薬になりま...
2016/01/30 21:22:30 | 皮膚病
ワンちゃんで、ホントに皮膚が弱い子がいます。乾燥したり、かゆがったり、皮膚にかびが生えてしまったり・・・でも放っておくわけにはいきません。ワンちゃんの皮膚が弱い理由と対策を紹介します。ワンちゃんの皮膚が弱い理由ワンちゃんの皮膚が弱い理由としては、・アレルギー性皮膚炎・ノミアレルギー・真菌症・臍ヘルニア・脂漏症・アカラス症・ツメダニ症状・膿皮症・ホルモン異常等が考えられます。最も多いものが、アレルギー性皮膚炎や膿皮症と言われています。アレルギー性皮膚炎は、アレルギーを起こす物質を除去することで治るものや、アトピー性皮膚炎のように、遺伝性のものがあります。皮膚が弱いワンちゃんはこうやって対策しよう...
2016/01/04 09:00:04 | 皮膚病
ワンちゃんって、意外に胃腸が弱い子が多いんです。胃腸が弱いと皮膚の状態にも影響が出たりします。下痢や嘔吐を繰り返してしまうと、栄養もなかなか体に吸収できないですもんね。胃腸が弱いワンちゃんには、どんなドッグフードがいいんでしょうか?胃腸が弱いワンちゃんにはグレインフリーがいい胃腸が弱いワンちゃんには穀物不使用のドッグフードをおすすめします。ワンちゃんは、基本的に動物性タンパク質の消化・吸収が得意です。逆に、植物性タンパク質の消化は苦手です。下痢や嘔吐の原因の一つとして、植物性タンパク質が多いドッグフードを食べると消化不良を起こしてしまうことがあります。植物性タンパク質は穀物類になります。基本は...
2016/01/04 08:24:04 | 皮膚病
ワンちゃんで、起こりやすい病気の一つに「皮膚病」があります。「皮膚の赤味、ただれ」「かゆみ」「抜け毛」などが主な症状。ペットが皮膚を思いっきり掻いてる姿って良く見ませんか?もしかしたら、皮膚病かもしれません。早めに対処してあげましょう!この皮膚病の原因ですが、いろんな原因があります。主な原因を紹介すると、皮膚が不潔になっているノミやダニなどシャンプーがあっていないなどが多いと思います。そして、実は、ドッグフードの影響も大きいんです。ドッグフードには、色素、保存料、など、様々な添加物が配合されている物が多く、それがワンちゃんの皮膚病の原因になる場合があるんです。やはり、できるだけ無添加のドッグフ...
2015/12/30 07:35:30 | 皮膚病
愛犬がかゆがっているのを見るとかわいそうですよね。皮膚炎の治療としては、健康管理、食事もそうですが、おうちのケア、薬用シャンプーの使い方も重要です。今回は、皮膚炎にオススメノシャンプーを紹介してみます。ワンちゃんにオススメの薬用シャンプービルパック アデルミルシャンプー動物病院やサロンでもおなじみのシャンプーです。獣医さんがオススメしてくるのもこれが多いです。皮膚の弱い犬にも安心して使えますよ。ビルバック (Virbac) 犬猫用 アデルミルシャンプー 200mlノルバサンシャンプー0.5アメリカでは絶大な信頼のあるシャンプー。日本の獣医師の間でも定番品です。殺菌消臭作用、皮膚・被毛を清潔に保...
2015/12/29 21:34:29 | 皮膚病
ワンちゃんの皮膚病って人にもうつるんでしょうか?気になったので調べてみましたが、動物も人間もともにかかる病気を「人獣共通感染症」というようです。そんな言葉があるわけですから、うつる物もあるんでしょうね。最近は、室内でワンちゃんを飼う人が多いことも、病気が犬から人にうつるケースが増えているみたいですね。では、どんな病気がうつるんでしょうか?ワンちゃんから人にうつる病気とはエキノコックス症非常に小さな寄生虫が、犬の糞に宿り、その糞に汚染された水や食品を口にすると感染します。人が感染すると、寄生虫が増大し、肝不全などを起こし死に至ることも・・。サルモネラ症サルモネラ菌といえば食中毒を思い出します。犬...
2015/12/27 14:51:27 | 皮膚病
ワンちゃんの皮膚炎にも、人間と同じくアトピー性皮膚炎があるんです。アトピー性皮膚炎とは、アレルギーの原因となるアレルゲンが、呼吸器や皮膚を通じて体内に入ることで引き起こされる皮膚炎です。ワンちゃんのアトピー性皮膚炎の原因や治療について紹介します。ワンちゃんのアトピー性皮膚炎の原因と症状アトピー性皮膚炎は人間と同様、体内の免疫反応が強く反応し、その結果、体に悪影響を起こしてしまう現象です。アレルギー反応を引き起こすアレルゲン(抗原)は、ほこりやダニ、花粉、フケ、など多種多様です。定期的な掃除をしてあげましょう。ワンちゃんのアトピー性皮膚炎は、指の間、手首足首付近、目の周辺、結膜、腋の下、下腹部、...
2015/12/27 13:19:27 | 皮膚病
ワンちゃんの皮膚病でも、寄生虫による皮膚病も存在します。今回は、寄生虫による皮膚病の種類や対策を紹介してみます。ツメダニ皮膚炎犬のツメダニ皮膚炎とは、ツメダニと呼ばれるダニの一種が引き起こすとされる皮膚病です。ツメダニには、「イヌツメダニ」「ネコツメダニ」「ウサギツメダニ」の3種が有名のようです。名前の通り、犬や猫やウサギにとりつきます。体の前方についた鋭い鉤爪でワンちゃんたちの皮膚を傷をつけて体液やリンパ液を摂取しながら繁殖していきます。ツメダニ皮膚炎の症状ツメダニに感染すると、皮膚が赤くただれたり、フケやかゆみ、かさぶた、などの症状が出ます。人にも動物にも感染すしますが、ツメダニは人の皮膚...