犬の膿皮症

膿皮症(のうひしょう)とは?

ワンちゃんの皮膚病でも、一番多いといわれるのが、

 

「膿皮症(のうひしょう)」です

 

犬の膿皮症とは、免疫力が低下してしまうことで、皮膚に常在している
菌のひとつ「黄色ブドウ球菌」が異常繁殖し、化膿して膿を排出して
しまった状態のことをいいます、

 

膿皮症の原因は様々です。

 

  • 慢性の皮膚病
  • 免疫異常
  • 栄養不良
  • 免疫力の低下
  • ホルモンの病気
  • 副腎皮質ホルモン薬などの薬物

 

などなど、他にも原因はあるといわれています。

 

中でも、膿皮症の一番の原因と言われているのが、犬の免疫が
弱まっている時に症状が出やすいといわれています。

 

子犬や老犬はとくに注意が必要ですね。

 

膿皮症は、ほっておくと慢性化することもありますので、
膿皮症と思われる症状が出たら、早めに獣医さんに診てもらいましょう。

 

 

膿皮症(のうひしょう)の症状

膿皮症の症状は、皮膚のブツブツや痒みです。

 

顔や脇やなどに傷やかさぶたがある場合、愛犬が掻きむしっている
可能性があります。

 

また、愛犬がすごく痒そうにしていたり、赤いブツブツ、
抜け毛などがある場合、膿皮症の可能性があります。

 

膿皮症が進むと、体重の減少や発熱が出るワンちゃんもいます。

 

 

膿皮症(のうひしょう)の治療&予防

膿皮症の治療は、抗生物質や薬用シャンプーでの殺菌になります。

 

薬剤を含んだ温水に浸したり、抗菌シャンプーを使用します。

 

できれば、薬などをできるだけ使ってあげたくないのが心情ですよね。

 

 

膿皮症になる前に、予防してあげることが一番重要です。

 

膿皮症は、免疫の低下がもとで起こることが多いので愛犬の
免疫アップをしてあげてください。

 

そのためには、毎日の散歩などの運動、そして毎日の食事が重要です。

 

腸内環境が乱れると免疫も低下するのは人間と同じです。

 

できるだけ胃腸に負担のかからない、無添加、穀物未使用のフードを
上げることが大事です。

 

後は、ブラッシングのときにスキンシップをとりながら、お肌の状態を
こまめにチェックしてあげましょう!

 

 

 

 

犬の膿皮症関連ページ

犬の膿皮症対策
愛犬の膿皮症対策にこんなスプレーもどうですか?
膿皮症と穀類
膿皮症のワンちゃんに穀類入りのフードを上げていませんか?
犬 マラセチアにきく
マラセチアは厄介な病気。ただしちゃんと治療すれば治療できます。
膿皮症 フード
膿皮症のワンちゃんに良いドッグフードってあるんでしょうか?
膿皮症とドッグフード
愛犬が膿皮症で困っています・・そんなオーナーにお勧めの膿皮症向けのドッグフードがこれです。