膿皮症

2017/05/07 18:09:07 | 膿皮症
今、愛犬の皮膚トラブルで悩んでる飼い主が多いようです。ホント、ワンちゃんの皮膚のトラブルは増えています。一つの理由としては、ドッグフードと言われていますねその、犬の皮膚病でも多いのが膿皮症です。そんな、膿皮症のワンちゃんにオススメのフードを紹介してみようと思います。犬の膿皮症そもそも、犬の膿皮症ってどんな病気だと思いますか?犬の膿皮症とは?皮膚病の一つで細菌による感染性の皮膚病。細菌が異常増殖することで、皮膚に湿疹や炎症を引き起こしてしまう皮膚病です。犬の膿皮症の原因としては、体の免疫力が低下すると従来なら問題のない細菌が異常に増殖してしまい、皮膚に湿疹や炎症を引き起こしてしまいます。皮膚に従...
2016/04/14 19:05:14 | 膿皮症
ワンちゃんのお悩みで多いのが、膿皮症という皮膚病。膿皮症の犬が増えていると言われています。細菌による感染性の皮膚病なんですが、その原因は、清潔に保たれてなかったり、免疫が弱っていたりと、様々なようです。膿皮症とは?細菌の増殖により、皮膚が炎症を起こしていまいます。症状としては、皮膚の赤みや痒み。どこにでもおこります。脱毛や掻きすぎることで傷になることもあります。膿皮症を予防するには?病院での膿皮症の治療としては、細菌に合わせた抗生物質の投与、薬用シャンプーによる洗浄が主になります。シャンプーも、洗う回数を多くすればいいわけではありません。また、きついシャンプーを使うとより皮膚が炎症を起こしてし...
2016/02/08 21:16:08 | 膿皮症
マラセチアとは、ワンちゃんの皮膚にいるカビの一種のこと。通常は、マラセチアに問題はありません。ただ、ワンちゃんの免疫力が下がっていたり、アトピーなどの皮膚アレルギーで、何度も引っかき、傷がつくとマラセチアの菌の影響を受ることが・・・。他にも、栄養の偏り、ストレスなどもマラセチアを増殖させてしまうようです。また、マラセチアは皮脂を栄養源にします。しかも、増殖すると皮膚が刺激を強く受けることになり、より、皮脂を分泌してしまう悪循環に。こうなってしまうことが、マラセチア感染症と言われる症状になるんです。マラセチア 症状マラセチアの症状は、皮脂の分泌が多い場所に繁殖しやすいです。例えば、耳、脇の下、お...
2016/01/05 19:27:05 | 膿皮症
ワンちゃんの膿皮症は、ブドウ球菌や大腸菌、連鎖球菌などの細菌が、抵抗力の低下などの原因で皮膚で異常繁殖し、炎症や化膿などの症状を引き起こす感染性の皮膚炎です。健康な犬の皮膚には、数多くの常在細菌が通常存在しています。わんちゃんの抵抗力や皮膚の状態、体調などが正常の時はそれらの細菌が異常繁殖を起こす事はまずありません。しかし、シャンプーのやり過ぎ、ドッグフードなどによるアレルギー、皮膚の乾燥、免疫力の低下、などが原因で、皮膚の状態が悪化すると、細菌が異常繁殖を起こします。こうなると、皮膚に炎症ができ、かきむしったり、傷が出来たりしてどんどん膿皮症が悪化していきます。膿皮症は、再発を繰り返して慢性...
2016/01/02 09:29:02 | 膿皮症
愛犬の皮膚にぶつぶつがありませんか?痒がってるなら、もしかしたら膿皮症かもしれませんよ。膿皮症は犬の皮膚病の中では非常に多い病気。皮膚が痒くなるので、ワンちゃんによってはかきむしって皮膚が傷つくこともあります。早めの処置が必要です。では、この膿皮症に良いフードってあるんでしょうか?ちょっと調べてみました。膿皮症を予防するには?膿皮症を予防するには、皮膚を清潔に保つことが重要です。あとは、ワンちゃんの免疫力を高めることも大事なんですね。免疫力アップとしては、まず運動です。お散歩させてあげたり、たまには公園で走り回ったり。ストレスも発散できるのでお散歩はどんどんしてあげましょう。それと同時に、ワン...
2015/12/25 22:19:25 | 膿皮症
ワンちゃんの皮膚病でも、一番多いといわれるのが、「膿皮症(のうひしょう)」です犬の膿皮症とは、免疫力が低下してしまうことで、皮膚に常在している菌のひとつ「黄色ブドウ球菌」が異常繁殖し、化膿して膿を排出してしまった状態のことをいいます、膿皮症の原因は様々です。慢性の皮膚病免疫異常栄養不良免疫力の低下ホルモンの病気副腎皮質ホルモン薬などの薬物などなど、他にも原因はあるといわれています。中でも、膿皮症の一番の原因と言われているのが、犬の免疫が弱まっている時に症状が出やすいといわれています。子犬や老犬はとくに注意が必要ですね。膿皮症は、ほっておくと慢性化することもありますので、膿皮症と思われる症状が出...