犬の皮膚に良いドッグフード

愛犬が体を痒がって可哀想なんです!

 

 

ウチの愛犬が、体を痒がって大変なんです!

 

ずっと、かきむしっているのでお腹や背中の皮膚がボロボロ。。。

 

痛そうで本当にかわいそう・・・・

 

そんな、皮膚病で悩んでいるワンちゃんが爆発的に増えているようです。

 

その、ワンちゃんの皮膚病で最も多いといわれているのが、細菌の感染による膿皮症と呼ばれる皮膚病です。

 

でも、ワンちゃんの皮膚には元々存在する細菌があります。

 

実は、この細菌がシャンプーや食事などで免疫力が低下した時に異常繁殖することで起こると言われています。

 

 

 

膿皮症(のうひしょう)の原因と症状

 

膿皮症の原因は、何らかの理由で免役が低下することで

 

細菌が異常増殖し皮膚に湿疹や炎症を引き起こすことです。

 

皮膚の細菌が増殖する原因としては、栄養不良、免疫力の低下、

 

ホルモン異常、薬などの過剰な投与、シャンプー成分などと言われてますが

 

原因を特定することが難しい病気でもあるんです。

 

 

どんな犬種でも膿皮症になる可能性はあるようです。

 

なりやすい犬種とすると、ダックスフントやゴールデンレトリバー、

 

ミニチュア・ピンシャーなど

 

また、0歳から2歳くらいまで若く皮膚が弱い時期によくなります。

 

 

症状としては、強いかゆみを伴う赤い発疹ができます。

 

目の周りや脇など皮膚が薄く柔らかいとことに集中してでき、

 

かきむしってしまい、皮膚を傷つけたりしてしまいます。

 

 

膿皮症の予防と改善方法は?

 

膿皮症になってしまった場合、治療法は細菌に合わせた抗生物質の投与や

 

薬用シャンプーによる治療になることが多いようです。

 

しかし、薬を使ってしまうと、悪化してしまう場合もあります。

 

シャンプーで洗いすぎると、必要な菌まで殺してしまい、余計に

 

皮膚の免疫力が低下し、より菌が繁殖してしまったり・・・

 

できることなら、愛犬を膿皮症で苦しめたくはありませんよね。

 

 

ワンちゃんを膿皮症にさせないためにも、

 

免疫力を低下させない事を意識してあげましょう!

 

 

免疫力強化に一番いい物は?

 

では、ワンちゃんの免疫力強化で一番効果的な物はなんだと思いますか?

 

それは、人間と同じで腸内環境を整えることなんです。

 

腸内環境が悪いと免疫力も落ちます。

 

食事は、消化吸収が良く、安全な成分で作られたフードを上げること。

 

穀物(米 小麦など)などは、ワンちゃんは消化吸収が苦手です。

 

お腹に負担がかかる物は辞めておきましょう。

 

 

また、毎日の運動も大切です。少しでもいいので散歩をさせてあげましょう。

 

毎日運動することは、免疫力の向上、飼い主とのコミュニケーション、

 

ストレス減少などいいことばかりですよ!

 

 

お腹に優しいドッグフード!

カナガンドッグフード



新鮮な鶏肉をたっぷり使用したドッグフード!


穀物フリーで小粒タイプなので小型犬に最適なドッグフード


皮膚にいいオメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸をバランスよく配合。


皮膚が弱い、お腹が弱い、食が細い などのワンちゃんにオススメです


すべてが人間の食材と同じ物を使った
ヒューマングレードのドッグフード」なので安心です。





アランズ ナチュラルドッグフード



安心安全な100%ナチュラル素材のドッグフード!


良質ラム肉を使用したドッグフード。


チキンアレルギーのワンちゃんも安心です。


皮膚にいいオメガ3脂肪酸 オメガ6脂肪酸
をバランスよく含まれた亜麻仁油を使用。


動物性タンパク質のみ使用し、添加物を一切使用していません。





モグワン



手作りフードを目指した話題のドッグフード!


手作りレシピもとに、ヒューマングレードのみの最高素材で作った話題のドッグフードが「モグワンドッグフード」です。


健康と満足を追求したドッグフード。


厳選した素材はもちろん、フルーツ素材もたっぷり配合しており、最高のバランスで提供されています。


メインフードとしても、ご褒美のフードとしてもどちらでも使えます。


食いつきが良いおすすめのフードです。


 

 

 

 

|

愛犬が皮膚病で困っていませんか?皮膚を痒がってかきむしって傷がついてしまってないでしょうか?その姿をみるだけで可哀想ですよね(-_-;)実は、ワンちゃんの皮膚病の原因がドッグフードにある場合もあるんです。犬の皮膚病の原因ワンちゃんが皮膚病になる原因はいろいろとああります。遺伝であったり、アレルギーで...

| その他

ドッグフードに使われている防腐剤体に良くないのは当然ですよね。今回は、気を付けるべき防腐剤の種類を紹介します。防腐剤の種類そもそも防腐剤とは、食物を腐らせ内容にするための薬剤です。ドッグフートの場合、油が使用されていますので、空気に触れると酸化していきます。これを防ぐために、防腐剤が使用されています...

| その他

ワンチャンに炭水化物は必要でしょうか?人間にとって、炭水化物や糖質は、「三大栄養素」とも呼ばれる大事なものです。だからといって、犬や猫にいいかといえばそうでもないようです。犬は炭水化物を消化するのが苦手?実は、犬の唾液にはアミラーゼ(でんぷん消化酵素)が殆ど含まれていません。また、犬の消化器官は短い...

|

愛犬がアレルギーで困っている飼い主が増えています。治療を受けていても、しっかりと対策をしないといけないのがアレルゲンの回避。いくら症状が改善しても、原因となるアレルゲンに接触してしまうと再発してしまう可能性が高くなります。今回は、アレルゲンを回避する方法を紹介します。アレルゲンを回避する方法私の愛犬...

| その他

愛犬を飼ううえで気を付けないといけないことがあります。実は、人から犬へと感染する病気があります。愛犬に病気をうつしてしまうと思うと心配ですよね。では、どのような病気に気を付ければいいのでしょうか?人から動物にうつる危険性のある病気皮膚真菌症真菌によって引き起こされる皮膚病です。白癬ともいわれます。直...

| 皮膚病

ワンちゃんの抜け毛の悩みって意外に多くの飼い主が感じられています。室内でワンちゃんを飼っているかたは同感できるんじゃないでしょうか?まず、室内で飼う場合は、「抜け毛の少ない」犬種を選ぶことが必要になります。意外に、「プードル」は抜け毛が少ないので抜け毛が少ないほうがいい!って方はおすすめです抜け毛の...

| 皮膚病

首筋をかいたり、足をなめたり、おなか廻りの皮膚を掻きまくったり・・・メチャメチャ痒いんだろうけど、ほっておくと皮膚がボロボロに。。。このワンちゃんの皮膚のかゆみの原因って何なんでしょう?犬が皮膚をかゆがる原因まずは、ワンちゃんがかゆがる原因を調べてみます。真菌・寄生虫などの感染結構多いのが、菌や寄生...

|

ワンちゃんも気を付けたいのががん(腫瘍)です。実は、皮膚にできるがん(腫瘍)は意外に多い病気です。まずは皮膚に腫瘍がないかチェック皮膚にできるがん(腫瘍)は良性と悪性の2種類が存在します。皮膚のがん(腫瘍)のチェック方法としては手で触るとコリコリとしこりになっていないか?ただれていないか?こぶのよう...

|

ドッグフードにもさまざまな種類があります。激安で売っているものから、プレミアムと呼ばれる高級フードまで。実際、何が違うのか調べると、とんでもないことが分かりました。激安ドッグフードは要注意!スーパーやホームセンターなどにおいてある激安ドッグフード。値段だけ見ると、非常にありがたいと思います。しかし、...

| 皮膚病

ワンチャンのお風呂の回数ってどれくらいやってますか?毎日?週一?暑い夏は特に洗ってあげたい!と思ってしまいます。ワンちゃんと毎日お風呂に入ってもいいんでしょうか??シャンプーの頻度は月に何回?あるペットショップの行ったアンケートで、「愛犬のシャンプーを自宅でする」と答えた飼い主の割合は実に8割以上で...

page top